次の記事
前の記事

ゲスコンが踊る!?TDLに新規アトモスフィアプログラム9種が6月より導入へ

6月より東京ディズニーランドに9種類のアトモスフィア・エンターテインメントが導入されることが発表されました。それぞれのプログラムを詳しく紹介しています!

東京ディズニーランド

どうも、まにあ(@_Disney_mania_)です。

風邪はすっかり治りました!

TDLに新規アトモスフィアエンターテインメント導入へ

本日、東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドより、東京ディズニーランドの今後に関する新たなリリースが公開されました。

東京ディズニーリゾートでは、アトモスフィア・エンターテインメント(通称アトモス)と呼ばれるエンターテインメントプログラムが公演されています。

東京ディズニーランドでは、6月16日(木)より、9つの新規アトモスフィア・エンターテイメントがスタートします。
アトモスフィア・エンターテイメントとは、パークの各エリアの雰囲気に合わせて開催されるショーです。ゲストは近い距離でパフォーマーのダンスを見たり、シンガーの歌を聴いたりすることができ、まるで自分がショーに参加しているかのように楽しむことができます。

アトモスフィアエンターテインメントとは…

アトモスフィア・エンターテインメントとはパークの各エリアの雰囲気に合わせて開催される小さなショーのことです。

アトモスフィア・エンターテインメントはショーの一部として分類されることが多いですが、通常はTODAYなどのショースケジュールには掲載されません。
“偶然出会う”というサプライズ性もアトモスフィア・エンターテインメントの楽しみの1つです。

アトモスフィア・エンターテインメント「東京ディズニーランド・バンド」現在、両パークでは幾つかのアトモスフィア・エンターテインメントが公演されています。
各パークのエントランスでのバンドの演奏や、ディズニーシーの「ファン・カストーディアル」もその1つです。

6月16日より新規アトモスフィア・プログラム導入へ

今回のリリースでは、今年6月16日より新たな新たなアトモスフィア・プログラムが東京ディズニーランドに導入されることが発表されました。

なんと、導入されるアトモスフィア・プログラムは全9種類。
それぞれのプログラムが各エリアに対応しており、それぞれ内容が異なります。
では、今回発表された全9種のアトモスフィア・プログラムを全て紹介していきたいと思います。

9種のアトモスフィア・プログラム導入

導入される新規アトモスフィア・エンターテインメント (c)Disney
導入される新規アトモスフィア・エンターテインメント (c)Disney
http://www.olc.co.jp/news/tdr/20160420_01.pdf

6月16日より、東京ディズニーランドに導入される新規アトモスフィア・プログラムをそれぞれ紹介していきたいと思います。

今回導入されるプログラムは、全部で9種類です。

それぞれのショー内容は“アトモスフィア”の名前の通り、公演されるエリアの雰囲気に合わせたプログラムとなっています。

ラウンドアップ&プレイ(ウエスタンランド)

ウエスタンランドで公演される参加型のプログラムです。
子どもたちを中心に、カウボーイハットなどの小物を使って楽しむショーです。

ゲストは2つのチームに分かれた様々なゲームで対戦するシーンもあるようです。

ワイルドウエスト・チャンス(ウエスタンランド)

ウエスタンランドで公演される2つ目のプログラムです。
巧みなマジックを操る詐欺師と、彼を追いかける保安官のショーです。

詐欺師が行うマジックを見破る勝負にゲストも巻き込まれたりするシーンもある参加型のショーです。
ウエスタンランドの雰囲気がフルに活かされるショーになりそうです。

ジャングル・サウンデュオ(アドベンチャーランド)

アドベンチャーランドで公演されるプログラムです。

陽気なミュージシャン2人組がゲストとその場で会話した内容をもとに即興で歌を披露するショーです。

その時しか聞けない特別な歌を楽しむことができる素敵なプログラムです。

ファン・メンテナンス(パレードルート・その他)

パレードルートを中心に公演されるプログラム。
パークのメンテナンスを行っているキャストが突如繰り広げるプログラムです。

パントマイムなどを使った不思議なパフォーマンスです。
ディズニーシーで公演されているファン・カストーディアルのメンテナンスキャストバージョンといったところでしょうか。

ブレイクビート・ダンサーズ(パレードルート・その他)

こちらもパレードルートを中心に公演されるプログラムです。
パークの掃除をするカストーディアルキャストとゲストの誘導を行うゲストコントロールキャストが突然アクロバティックなダンスを披露。

ヒップホップ調のディズニーソングに合わせ。迫力のあるダンスを披露します。

ウェルカムフラワーバンド(エントランス)

エントランスで公演されるバンドスタイルのプログラムです。
個性豊かな4人組のバンドが賑やかな音楽にのせてゲストをお出迎えします。

バンドメンバーは花があしらわれたコスチュームをみにまとい、パークに咲く季節の花を紹介します。
ショーの中ではゲストが参加できる手遊びのシーンも用意されているようです。

ジップンズーム・ガイドツアー(エントランス)

エントランスで公演される2つ目のプログラム。
パークを訪れたゲストに数分間でパークの見どころを紹介するショーです。

アトラクションや、エンターテインメントプログラムのバックグラウンドストーリーや見どころを楽しく紹介。
パントマイムも交えたコミカルなショーです。

オーパス・ファイブ(トゥモローランド)

トゥモローランドで公演されるプログラムです。
5人のシンガーがディズニーソングをアカペラで披露するショー。

お馴染みの音楽が美しいハーモニーと迫力のボイスパーカッションで新たな音楽として生まれ変わります。
ゲストの参加シーンも用意されているようです。

ジュニア・ヒーローズ(トゥモローランド)

9つ目、最後のプログラムです。
トゥモローランドで公演されるショー。
ヒーローを目指す3人組がゲストと共に特訓をするプログラムです。

ディズニーヒーローたちの掛け声やポーズ、ダンスを盛り込んだ楽しいトレーニングをゲストと一緒に体を動かしながら楽しみます。

一体感のあるアトモスフィア・プログラム

東京ディズニーランド通常のエンターテインメントプログラムと比較すると、アトモスフィア・エンターテインメントはゲストと出演者の距離が非常に近いです。
そのため、通常のショーやパレードでは生まれにくい“一体感”をアトモスフィア・エンターテインメントでは感じることができます。

一昔前は、パークの中はたくさんのアトモスフィア・エンターテインメントで溢れていました。
しかし、パーク内の混雑や、エンターテインメントへかける予算の削減など…様々な要因が重なり、アトモスフィア・エンターテインメントは減少の一途をたどっていました。

今回登場す新たなプログラムも、出演者の問題や、パーク内の混雑・導線確保など問題は山積みかと思いますが、導入を決めてくれたパークにとても感謝しています!

パークの中を歩いているとどこからか手拍子やゲストの歓声が聞ける、それがアトモスフィア・エンターテインメント素敵なところの1つです。

新規導入されるアトモスフィア・エンターテイメント

6月から始まるアトモスフィア・エンターテイメント
エンターテイメント名 公演場所 内容
ラウンドアップ&プレイ ウエスタンランド カウボーイハットなどを使った参加・対戦型ショー
ワイルドウエスト・チャンス ウエスタンランド 詐欺師と保安官のショー
ジャングル・サウンドデュオ アドベンチャーランド 2人組ミュージシャンが即興ソングを披露
ファン・メンテナンス パレードルート・その他 メンテナンスキャストによるパフォーマンス
ブレイクビード・ダンサーズ パレードルート・その他 カストーディアル&ゲストコントロールキャストによるアクロバティックショー
ウェルカムフラワーバンド エントランス 4人組バンドの演奏
ジップンズーム・ガイドツアー エントランス パークの見どころを紹介するショー
オーパス・ファイブ トゥモローランド 5人のシンガーによるアカペラソング
ジュニア・ヒーローズ トゥモローランド ヒーローを目指す3人組によるショー

新たに登場する9種類のアトモスフィア・エンターテインメントで、東京ディズニーランドの新しい魅力を楽しんでみていかがでしょうか。

まにあのまとめ

 
アトモスが充実しているパークが戻ってくるのかな!?

まにあのおすすめグッズ

東京ディズニーランド(R) ディズニー・イースター 2016 東京ディズニーランド ディズニー・イースター2016

東京ディズニーランドで6月15日まで開催中のディズニー・イースターのCD
パレード「ヒッピティ・ホッピティ・スプリングタイム」を収録!

おすすめディズニーグッズ一覧

人気記事TOP15

まだデータがありません。

ランキングをもっと詳しく
次の記事
前の記事
コメント

コメントを残す

次の記事
前の記事
TDS15周年 TODAY アナとエルサのフローズンファンタジー2015 キャッスルプロジェクション クリスマス2014 グッズレビュー シェリーメイ ジェラトーニ ダッフィー ディズニー七夕デイズ2016 デコレーション ハロウィーン2014 パスポート ランキング リハブ ワンス・アポン・ア・タイム 公式リリース 殿堂入り記事 管理人のおすすめ 食レポ

カテゴリー

アーカイブ

Ads by 忍者AdMax
follow us in feedly

友だち追加数

この記事をシェア!

フッター